英語の語彙力アップは筋力アップに似ている

地味ではありますが日々の努力が単語力アップへとつながるのです。まずイメージしたテーマを中央に書き、そのテーマからどんどんつながることを想像し、枝を伸ばしていきながらポイントとなるキーワードを書いていきます。

語彙力アップは筋力アップに似ています。ここでは英語力・語彙力アップにつながる方法の一つ、マインドマップについてご紹介したいと思います。

とはいえ英語学習の中で語彙力アップの学習はなかなか大変な作業ですよね。このマインドマップは想像力を広げ言葉を覚えやすくすることにも活用されています。

マインドマップは楽しみながら関連する単語やちょっとした説明文などを英語で書くことで語彙力アップを助けます。マインドマップは1960年代にイギリスのトニー・ブザンが発案・提唱したもので、脳の可能性を引き出していくテクニックです。

英語力アップするにはやはり語彙アップが必要となります。<マインドマップの書き方>・無地の紙を準備します(紙は横長で使用)・紙の真ん中にテーマを書きます・真ん中のテーマを中心に、その周りにテーマに関するメイントピックの絵と言葉(1ワード)を書きます・メイントピックにつながることを思いつくままに、どんどん枝別れさせ、キーワードとなる単語を書いて行きますマインドマップを作るときのポイントは楽しく作成することです。

筋力アップのためには毎日の筋肉トレーニングが必要なように、語彙力アップにも毎日の学習が必要です。英語の語彙力アップにマインドアップを活用する場合、内容は英語で記入していきます。

語彙力アップには単語帳を作って覚える方法、語呂あわせで覚える方法、英語名を書いたポストイットを身近なものに貼り付けて覚える方法、多読して覚える方法などなどさまざまなものがあります。色分けしたり、美しく仕上げたり、絵を書いたりしながら是非楽しく作成してみてください。

グループホームと呼ばれる介護系施設

福祉・介護系施設のグループホームという痴ほう症高齢者グループホームでは、介護保険が適応になりますが、費用はだいたい月に6万円から15万円くらいと差があります。介護が必要な人で、痴ほう症の症状があらわれている人が入居することができる福祉・介護系の施設ではありますが、共同生活ができる人でなければ入所することができません。

どのような人が対象になって福祉・介護系の施設であるグループホームに入所しているのかというと、介護が必要と認定された痴ほう症の高齢者を対象にしていて、5人から9人くらいのスタッフと、家庭的な感じの中で一緒に共同生活を送っていくという施設です。共同生活を送ることで、残存能力を活性化させて痴ほう症を緩和させることを目的にしている福祉・介護系のサービスを行っています。

高齢者で痴ほう症になってしまった人の介護を家族が自宅でするというのは大変ですから、このように共同生活をして、痴ほうの症状を改善させる福祉・介護系の施設はとても利用者にとってありがたい施設ではないでしょうか。この福祉・介護系の施設は、痴ほう症高齢者グループホームとも呼ばれている入所介護型の福祉・介護系の施設です。

福祉・介護系の施設の一つに、グループホームと呼ばれる施設があります。